法人向け設備

高効率給湯

ヒートポンプ技術等を用いて、給湯に関わるエネルギーを省力化!

業務用エコキュートとは

エコキュートは、圧縮技術を応用したヒートポンプにより大気中から熱エネルギーを奪ってお湯を沸かす給湯機です。
これにより、お湯を沸かす為に必要な熱エネルギーに対して消費する電気エネルギーは電気温水器と比較して1/3〜1/4ですみます。

又、普及しているボイラーと比較し数倍のエネルギー効率化が図れる電力会社の契約種別の最適化を図ることにより、ランニングコストの見直しが出来ます。

ランニングコストにおいては、安価な夜間電力を利用して貯湯槽にお湯を貯めておくことが出来るため、効率的な電気利用により電気料金の削減、省エネにつながります。

テッくんのポイント

最大省エネ率:最大60%〜80%!お湯の量(リットル)が決まっていたらだんぜん省エネ!CO2も大幅削減!

業務用エコキュートの有効性

高効率だから少ないエネルギー消費量

COP4 燃焼系給湯器や一般的な電気温水器と性能を比較すると約4倍のエネルギー効率があることを表します。
これは同じ「1」のエネルギーを使った場合、沸かせるお湯はエコキュートは「4」、従来の電気温水等と比較して、1/4のエネルギーで済んでしまう事につながります。

割安な電力メニューの利用で低コスト

東京電力管内では業務用蓄熱調整契約割安な夜間電力を利用するため、よりランニングコストが小さいのが大きな魅力。
オール電化契約でお使いいただけば、さらにお得です。
効率のよい設備を選択することで、1日約300円で4.5トンのお湯をわかすことも可能です。

ガスボイラーとの併用や既存設備の再利用も可能です

温水ヒーター(ボイラー)と併用したハイブリッド給湯システムや既存設備を再利用した改修も可能です。
給湯負荷の増加対策やイニシャルコストの削減はもちろん、現行のボイラー給湯システムにエコキュートを追加することで原油高騰で上昇傾向のランニングコスト削減にも効果的です。

ページトップへ
お問い合わせ・資料請求 | サイトポリシー | プライバシーポリシー | サイトマップ