法人向け設備

高効率空調

空調コストを大幅低減!インバーターで効率化!

高効率空調とは

業務用エアコンの消費率 多くの事業場では空調設備のエネルギーが
建物全体の30%以上を消費しています。
(事業場によっては70%を占める場合もあります。)

インバーターの導入・ヒートポンプ技術 等、機器の効率化により10年・15年前の空調から変更した際、 消費電力、CO2大幅に削減することが可能です。

テッくんのポイント

最大省エネ率:最大60%〜80%省エネ!外からの空気量を調節すればさらに効果的!

高効率空調の有効性

エネルギーの無駄使いを低減

インバーター、高感度センサーを内蔵しており、適切な室温に調節後、出力を自動でコントロールを行ない、冷やしすぎ、暖め過ぎを低減

ヒートポンプを使って、暖房性能が向上

昔のエアコンは暖房が苦手なため、消費電力も過剰になっていましたが、効率よく(1のエネルギーで3から4の熱量へ変換)熱を使えるようになり、消費電力を抑えながら冬場も快適になります。

湿度のコントロールで快適性を向上

過剰な湿度、低すぎる湿度体感温度を大きく左右する湿度、省エネルギー化、により快適性を維持しつつ省エネを実現

高効率空調導入例
ページトップへ
お問い合わせ・資料請求 | サイトポリシー | プライバシーポリシー | サイトマップ