法人向け設備

補助設備(動力機器)

エアーコンプレッサー効率化とは

エアーコンプレッサーの消費率 工場全体の消費電力のうち20%〜25%を占めている機器といわれています。

コンプレッサーの活動状況に合わせ、旧式のものであれば機器の見直し・インバーター化・台数見直し等によりロスを低減、最適化することにより省エネルギーを図ることができます。

必要な作業量を超えたエアーコンプレッサーの稼働は、大きなロスとなります。
エアーコンプレッサーの稼動の無駄を無くすことで、省エネルギーにつながります。

テッくんのポイント

最大省エネ率:最大50%省エネ!使用空気圧の適正化と、いかにロスを減らすかがポイント!

エアーコンプレッサー効率化の有効性

効率化することに、省エネ効果を確保することが出来ます。

機器の見直しだけでなく、使用目的にあわせた多様な方法にて改善が必要になります。

ページトップへ
お問い合わせ・資料請求 | サイトポリシー | プライバシーポリシー | サイトマップ