法人向け設備

太陽電池

大規模から小規模まで、コストに合わせたお客様に最適なご提案します!

太陽電池とは

太陽電池 太陽電池(たいようでんち、Solar cell)は、光起電力効果を利用し、光エネルギーを直接電力に変換する電力機器です。
光電池(こうでんち、ひかりでんち)とも呼ばれる。

一般的な一次電池や二次電池のように電力を蓄えるのではなく、光起電力効果により、受けた光を即時に電力に変換して出力する。
主流のシリコン太陽電池の他、様々な化合物半導体などを素材にしたものが実用化されている。
色素増感型(有機太陽電池)と呼ばれる太陽電池も研究されている。

太陽電池(セル)を複数枚直並列接続して必要な電圧と電流を得られるようにしたパネル状の製品単体は太陽電池パネル又は太陽電池モジュールと呼ばれ、 モジュールをさらに複数直並列接続して必要となる電力が得られるように設置したものを太陽電池アレイと言います。

太陽電池の有効性

地球温暖化防止に貢献できる。

太陽電池は地球温暖化の原因となるCO2などの温室効果ガスを発生しないクリーンなエネルギーです。
モーターの駆動音などの騒音や、異臭なども発生しないため、環境にも地域にも「安全・安心」な発電装置です。

余った電気を電力会社が高価にて買い取ってくれる。

太陽光発電の発電量が使用量を上回るとき、電力会社との契約によりその余剰電力を電力会社に売ることができます。

昼間の電力需要時間の電力削減に効果がある。

事業所の稼働が昼間にピークを迎える場合、電気料金の削減に大きく貢献します。

導入に対して国や自治体で補助金・助成金が出るところもある。

国や各自治体においては、太陽光発電設備を導入する民間事業者等に対して、設備導入にかかる費用の一部を助成する制度があります。

省エネ法対策に

省エネ法でのエネルギーは、燃料、電気、熱を指し、廃棄物からの回収エネルギーや、風力・太陽光発電などによる自然エネルギーは対象外なため、太陽光やで得た電力を使用しても、「エネルギー」とはみなされないため、エネルギー削減に貢献できます。

非常用の電源に

分散型の電源であるため、地域停電や災害などによる影響範囲が小さく、昼間の稼働時には非常用の電源となります。

設置場所

壁、屋根、採光窓、地上など様々な場所に設置可能です。
例えば、駐車場や自転車置き場、事業所の入口の屋根にも設置可能。弊社のソーラーパワービルには壁面に設置しています。

取扱いメーカー

取扱いメーカー、主な国内メーカー「SHARP・KYOUSERA・PANASONIC・MITSUBISHI・TOSHIBA」海外メーカー「SUNTECH・S−ENERGY」など

テッくんのポイント

たくさん電気を使ってもCO2排出0kg!グリーン電力!どの位のエネルギー(電力)を賄いたいのか?をご検討してください。おすすめの設置場所「面積が必要になりますので、日照時間の確保できる広いデッドスペースをご利用頂く事が第一です。」
ページトップへ
お問い合わせ・資料請求 | サイトポリシー | プライバシーポリシー | サイトマップ